このブログを検索

2013年5月2日木曜日

〔動画の文字起こし〕疫学専門家「福島の子供の甲状腺癌は被曝の影響を否定できない」


78 名前:地震雷火事名無し(千葉県)
投稿日:2013/05/02(木) 01:56:45.15 ID:3jrzGPiC0

甲状腺がん「被曝の影響、否定出来ず」疫学専門家インタビュー
http://youtu.be/dB5UhtGXQ_w

疫学を専門とし、『医学と仮説―原因と結果の科学を考える』の著者でもある岡山大学大学院環境生命科学研究科の津田敏秀教授へのインタビュー


甲状腺がん3人を疫学的にどうみるか?

 津田教授によると、比較的稀な病気が、ある一定のエリアや時間に3例集積すると、「多発」とするのが、疫学の世界では常識だという。
今回のケースは、わずか38,000人の調査で、1年の間に3例もの甲状腺がんが発生しており、「多発」と言わざるを得ないと断言する。



19分24秒~

インタビュアー
「実際には悪性が10例ということで、7例と、既に診断された3例を合わせて10例ということなんですけど、これに関しても鈴木教授などは残りの7例はまだ確定じゃないから、細胞診のみの段階でまだ最後まで手術してないからガンではないという理由で省いた形でやってるんですけど、10例となるとまたぐっと有意というのが高まってくると思うのですが、鈴木教授は偽陽性と偽陰性がそれぞれ10%づつくらいあるので確定できないと仰ってるのですが、これはどういう意味なんですか?」


津田教授
「偽陽性例というのは本当はガンじゃないんだけどもガンだと判断してしまった細胞診によって、ですから7×0.9で、確率的には6.3例がガンである」(確定した3例を加えると合計9.3例)


インタビュアー
「9~10例だとしたらもの凄く有意ということですよね?通常の状態からすると」

津田教授
「そうですね、100倍を超えるでしょうね」

インタビュアー
「その位の差は結構大きな差と言えるのですか?」


22分48秒~

津田教授
「それだけの話なんですけども、例えば今PM2.5で問題になってますよね?あれは1立方メートル中に10マイクログラム増えれば、1.03倍とか1.05倍、或いは1.1倍ぐらい病気が増える、或いは1.02倍死亡が増えるということで問題にしてる。
(38,000人の調査で、1年間に9.3例は)全然レベルが違うわけです、
何十倍という時点でもうとんでもない値なんです。
これを多いと判断しなかったら、多いが無くなる。
因果関係は多い少ないで論じる、薬が効く効かないも多い少ないで論じる。
これが多発でないとしたら、(既存の)色々なもの因果関係が消える。
多発が無くなる、そういう約束でやってる、ずっとそういうことで判断してる。」


インタビュアー
「あらゆることが、それを前提に成り立ってる?」

津田教授
「そうですね、現代社会、特に保健医療分野は」



忍者ソーシャルボタン

スイス国際公共放送- SWI swissinfo.ch

はてなブックマーク